資料ダウンロード

「本社側の工数削減に大きく寄与しています!」予定の重複防止と、代理店本社を介さないチャット機能で貢献

今回、お話を伺った方

GiftYourLife株式会社 細田 俊行様

 

2013年に創業後、生命保険・損害保険・少額短期保険の販売のほか、金融商品仲介業や銀行保険業、不動産仲介業、介護福祉業など幅広い事業を行っているGiftYourLife株式会社。

今回、営業管理部の責任者としてマーケット代理店を含む各提携先の対応を主に担っている細田様に、管理者目線でのMCエキスパートクラウド(※1)の使い心地を中心にお話を伺いました。

(※1)MCエキスパートクラウド:共同募集のアポ配信側が「MCマーケットクラウド」を導入した際、プロ代理店の管理者および募集人が使用するシステムのこと

 

他代理店からの推薦もありWizleapと提携

—はじめに、御社の特徴を教えてください。

細田様

他の保険代理店と異なり、金融商品仲介業、不動産仲介業、銀行代理業を取り扱っていることから、お客様のお金に関する悩みをワンストップで解決できる点が強みです。また、自社内にセミナー事業部を有しており、オンライン・対面合わせて年間600回程度のセミナーを開催しています。

—その中で、細田様はどのような役割を担っていますか。

細田様

私は営業管理部の責任者として、マーケット代理店を中心に各提携先の対応のほか、事務方の対応を担っています。

—マネーキャリアとの提携のきっかけを教えてください。

細田様

当社の代表とWizleap(※2)の代表が情報交換をする中でマネーキャリア(※3)のことを知り、その際に他の代理店からもマネーキャリアを評価する声が多く聞かれたため、2022年に提携しました。

(※2)Wizleap:MCマーケットクラウドを運営する、弊社(株式会社Wizleap)のこと

(※3)マネーキャリア:Wizleapが運営する、お金の相談プラットフォーム。共同募集形式を採っています。

 

予定のバッティングが起きない

—他のマーケット代理店とは何のシステムで共同募集業務を行っていますか。

細田様

他社様とは、主に類似の他社システムやSalesforce、エクセル・メールを使って連携しています。

—それらのシステムをご利用になる中で、何かお困りの点はございますか。

細田様

①予定のバッティングについて

他社システムの場合、こまめにスケジュールを入れておかないと予定がバッティングしてしまうという問題はあります。当社の営業担当者は毎日出社するわけではないので、予定を入れ損ねてしまうことがあります。その場合、予定を入れていない日時は「受注OK」と見なされてしまうため、マーケット代理店から案件を配信されてしまいます

②顧客管理について

見込み顧客の管理がしづらいシステムもあります。顧客一覧の画面では、「未提案のお客様か、成約予定のお客様か」といったステータスごとに一覧表示させたり、直近の面談日順で並び替えたりして確認したいケースが発生します。これらの機能がない場合、お客様情報をエクセルで管理しながら詳細情報を閲覧しにいく必要が生じるのですが、実際にはそこまで手が回らないこともあります。

—MCエキスパートクラウドでは、お悩みは解消されていますか。

細田様

はい、率直に申し上げてわかりやすいなと感じています。

ダブルブッキングについてですが、MCエキスパートクラウドの場合、自ら「予約OK」としない限りは案件を配信されることはありません。また、マネーキャリアの場合は自ら案件を選択して受注する形式のため、予定を二重登録してしまうことは起こり得ません。

 

マーケットと募集人が直接やり取りできるため、本社の負担が軽減

—MCエキスパートクラウド固有の機能で、ご満足いただけているものはありますか。

Webチャット機能は、本社側の工数削減に大きく寄与しています。

MCエキスパートクラウド以外のシステムを通じて受けた案件で、マーケット代理店から募集人に連絡する場合、「マーケット代理店→本社→募集人」というように本社を介する必要があり、募集人から返事をする場合も同様です。

一方、MCエキスパートクラウドにはWebチャット機能が備わっており、たとえばお客様が面談に現れないような場合でもタイムリーにマーケット代理店と募集人が直接やり取りを行える点が優れています。

—MCエキスパートクラウドをお使いになって、社内にどのような効果が生まれていますか。

スコア機能が、募集人の行動を制御してくれています。スコアには成約率やANPだけでなく、面談レポートの期限内提出や適正な分量の記載といった要素が含まれています。そのため、従来は「成約したら報告すれば良い」というようなこともありましたが、現在ではスコア上昇のために報告を提出するという意識づけが強化されることとなりました。

また、これまで本社に帯配信(箱振り)された案件を募集人に割り振るとき、「なぜ自分に割り振られないのか」といった不公平感がどうしても生まれてしまうことがありました。しかし、マネーキャリアの場合はスコアに応じて受注できる上限数が決まっている(※4)上に自ら案件を受注しにいくため、そのようなことは起こりません。

(※4)マネーキャリアの独自仕様。マネーキャリア以外のマーケット代理店がMCマーケットクラウドを使用する場合、スコアは「募集人の優先順位付け」に活用される。

 

今後もお金に関するお悩みをワンストップで解決

—Wizleapの対応にはご満足いただけていますか。

細田様

はい、研修や説明会のほか、およそ3ヶ月に1回のペースで定期的にミーティングを開いています。その中で成功事例の共有や、具体的な数値で現状のフィードバックをいただけているので、非常に助かっています。

—最後に、御社の今後の展望を教えてください。

細田

基本的にはこれまで通り、生命保険だけではなく損害保険、証券、不動産といったお悩みをワンストップで解決していくというスタンスで事業を拡大していきます。そのために、システムを活用できる状況も構築していきたいと考えておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちら

Expert プロ代理店の声

story-66
コア・ライフプランニング株式会社
「募集人が苦労しそうな点を先回りして、ストレスなく操作できるように作られています!」
story-48
株式会社フィンス・ラボ
「募集人として、システムの利用につまずいたことがありません。」面談・契約報告の提出がとにかく楽!
プロ代理店の声の一覧はこちら