資料ダウンロード

【大型アップデート】ゲスト権限の案件閲覧・配信を制御できる「ゲストグループ」機能を実装しました!

複数のユーザー様からのご要望を受け、ゲスト権限では、①許可した案件のみ閲覧できるようになり、②許可した代理店にのみ案件を配信できるようになりました!

 

今回のアップデートで実現できる内容

従来、ゲスト権限ではすべての案件を自由に閲覧し、どの代理店にも自由に配信できていました。

この度のアップデートでは、ゲスト権限は社外の方に付与する権限という位置付けとなり、案件の閲覧範囲や配信先を制御できるようになります。

1. 案件の閲覧範囲を制御できる機能について

例1)複数のリーズ会社と提携している場合

  1. リーズ会社Aに所属のaさんと、リーズ会社Bに所属のbさんを、ゲスト権限で招待します。
  2. aさんはゲストグループ「A」に、bさんはゲストグループ「B」に所属させます。
  3. リーズ会社Aから購入した案件にはゲストグループ「A」、リーズ会社Bから購入した案件にはゲストグループ「B」を設定します。
  4. すると、aさんはAの案件のみ、bさんはBの案件のみ閲覧できるようになります。

 

例2)複数のコールセンターと提携している場合

  1. コールセンターAに所属のaさんと、コールセンターBに所属のbさんを、ゲスト権限で招待します。
  2. aさんはゲストグループ「A」に、bさんはゲストグループ「B」に所属させます。
  3. コールセンターAにアポ獲得を委託する案件にはゲストグループ「A」、コールセンターBにアポ獲得を委託する案件にはゲストグループ「B」を設定します。
  4. すると、aさんはAの案件のみ、bさんはBの案件のみ閲覧できるようになります。

 

2. 案件の配信先を制御できる機能について

例3)コールセンターごとに、配信先が決まっている場合

  1. コールセンターAに所属のaさんと、コールセンターBに所属のbさんを、ゲスト権限で招待します。
  2. aさんはゲストグループ「A」に、bさんはゲストグループ「B」に所属させます。
  3. 例として、「コールセンターAでは代理店Xに、コールセンターBでは代理店Yにしか配信しない」場合を考えます。
  4. ゲストグループAには代理店Xを、ゲストグループBには代理店Yを紐づけます。
  5. すると、aさんは代理店Xにしか配信できず、bさんは代理店Yにしか配信できなくなります。

 

画面上での操作については、FAQの「メンバー管理」ページをご覧ください。

 

MCマーケットクラウドは、皆様からのご要望を受けて成長していきます。

引き続き高速なアップデートを重ねてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

お問い合わせはこちら

News ニュース

story-136
アップデート情報
契約データを一括で編集できるようになりました
story-134
アップデート情報
顧客登録時や編集時の、顧客IDの入力が任意入力になりました
story-132
アップデート情報
各実績画面で、案件カテゴリのフィルタを使用できるようになりました
ニュースの一覧はこちら